成婚率を重視して選ぶなら仲人型がいいの?

結婚できなくては入会する意味がない!

結婚相談所に入会するのも審査が必要ですし、月会費など色々お金がかかりますよね。時間とお金というコストがかかるのですから、高確率で結婚まで導いてくれるところの方がいいと思うのは当然のことでしょう。大手の結婚相談所は、会員が指定した条件と合致する異性会員のプロフィールデータを提供するデータマッチング型が主流です。コマーシャルでよく見かける結婚相談所は大抵このタイプだと思っていいでしょう。でも、成婚率を重視するなら少人数制の仲人型の結婚相談所の方がおすすめです!仲人型は会員の人数を絞ることで、その結婚相談所の代表を務める仲人が直接面倒を見ることを可能にしています。お見合い相手の候補となる人を探す場合も、仲人が客観的なアドバイスをしながら一緒に探してくれますし、お見合いをする時もセッティングから振る舞い方のアドバイス等一通り行ってくれるので、せっかくお見合いにこぎつけても失敗して出会いを逃してしまうということも起こりにくいんですよ。交際に進んでからも丁寧なフォローがあります。

相場ってどれくらいなの?

データマッチング型の結婚相談所と異なり、成婚料が発生するのが仲人型の結婚相談所の大きな特徴です。そのため、成婚率が高い分料金が高くなりがちというイメージを持たれています。会社ごとに料金体系が異なることも多いので一概には言えませんが、入会金などの費用はデータマッチング型と比べて高くないところがほとんどです。首都圏の仲人型の結婚相談所だと、入会金の相場は約8万円、成婚料は約18万円とされていますね。

結婚相談所とは結婚を望んでいる男女が、結婚相手を探す場所のことをいいます。年会費や成功報酬などかかる場合が多いですが、自分と相手の条件がマッチした人を紹介してくれます。