グレードを考えよう!宴会の参加者はどんな人?

宴会場を決めるときに大切なグレード

宴会場を決めるときに重要なのが参加者としてどのような人が想定されているかに合わせることです。会場によってグレードが大きく異なるため、参加者の身分に合ったものを選び出すことが重要になります。業界の重鎮が集まるのであれば一流ホテルの宴会場を確保するなどの配慮が必要になりますが、職場の仲間で宴会をするというのであれば一般的な居酒屋でも問題はありません。基本的には参加者の中で一番身分が高い人に合わせて宴会場を選ぶと大きな失敗がありません。ただし、突出して身分の高い人が一人だけいて、他の人たちはあまり高い身分とは言えないという場合にはその人にことわりを入れてからややグレードを下げるという工夫も大切です。グレードが高いほど会場費も高くなり、料理にかかる費用も高額になってしまって参加者を募るのが難しくなってしまいます。そのバランスを取って選ぶのが宴会場を決めるのに欠かせません。

料理のグレードも同様に考慮

宴会場によって料理をほとんど選べない場合もあります。会場のグレードに応じて専属のシェフやレストランなどで手配することが定められていることもあるからです。宴会場を居酒屋などにするときにも同様になります。しかし、外から手配するときには会場に合った料理を選ぶことも需要です。アンバランスになっていると参加者から不評をもらうことになってしまいかねません。会場に問い合わせて料理の提供元について過去の事例を聞いてみると大きな失敗はないでしょう。

白金台の宴会場では、料金や料理内容などが異なる多彩なプランが用意されており、希望条件に沿って最適なプランを選べます。