1日限定二人のパティスリー!とろけるほどスイートな演出で結婚式を

誓いのシーンをとろけるほどに

結婚式のテーマを決める時に、二人の好きなものや想い出などをあげていくことはよくあります。スイーツ巡りが好きな二人なら甘いお菓子やケーキをイメージしたスイートな演出のウエディングにしてもいいでしょう。花嫁の挙式ブーケもスイーツならではのエッセンスをきかせて、ふんわりと咲いた白い花を縦に長くあしらってソフトクリーム風のミニブーケにします。お色直し用は、丸いバラをマカロンに見立てて、フレーバーはカシスとマンゴーとフランボワーズにして、シルクのレースのリボンでエレガントなムードを添えるといいですよ。

キャンディ風エスコートカードで

ゲストテーブルにはそれぞれのスイーツの名前をつけてみましょう。エスコートカードはスティックつきのキャンディ風にして、スティックはペンで作ります。キャンディにはタグをつけてアイスクリームやチョコレートなど、引いたタグのスイーツ名がついているテーブルに案内できるようにしておくといいですよ。また、案内後は、小さなおみやげとして持ち帰ってもらうといいでしょう。

会話がはずむポップなスイーツを

ゲストテーブルでは、これは何の味かしら等と、フラワースイーツを見ながら会話が弾みそうな演出をしてみましょう。花で仕立てられたスペシャルパフェと花の三角ショートケーキを用意するといいですよ。クッキー形の席札はアラザンで飾ったボンボン形プチケーキに挿してみましょう。ウエディングケーキは、ふくよかなバラの香りに混じって、砂糖の匂いが漂うシュガーケーキがいいですよ。パールとレースが可憐にまう土台は、メインテーブルと合わせてパステルカラーにしておき、パティスリーのショーケースに並んでいるような雰囲気にしあげましょう。

京都の結婚式場ならアットホームな専門結婚式場がおすすめです。1日1組という贅沢なプランを利用できます。ウエディングプランナーがプロデュースしてくれますので、満足、納得できます。